企業や社会に大きな恩恵をもたらすREACH分析

企業に必要なREACH分析とは?

REACH分析とは、2006年に欧州区域にて可決され、2007年6月から発行された、化学物質に関する「登録・評価・認可・制限」に関わる規則に対応するために高懸念物質の有無や含有量を調査するものです。

REACH分析を実施して安心な環境づくりを推進!

研究

REACH分析で企業が得られるメリット

REACH規則では、的確に高懸念物質がリストアップされています。そのため、これらの物質に関してしっかりと管理を行っていると、欧州領域内への輸出を円滑に行えるようになります。それと同時に、高懸念物質をしっかり管理している会社であるとして会社の信頼度もアップします。

REACH分析を実施する際に注意したいこと

REACH分析を分析会社に依頼する時には、REACH規制に関する確かな知識持っている会社に依頼するのが大切です。REACH規制の高懸念物質は数年に一度見直しがされているので、最新の情報を保有している会社を選びましょう。また、正確な測定を行うためにも、最新の検査機器を所有している会社がおすすめです。

REACH分析を手際良く済ませるためのポイントはココ!

外部機関に調査を依頼する場合でも、自分人でREACH規則にて指定されている高懸念物質を知っておくと、該当する部品のみ調査すれば良いので、検査料金も安くなり短時間での調査が可能です。

どのような場合に利用される分析なのか

基本的には、欧州域内で年間1トン以上の製造・輸入される化学物質について分析が必要です。しかし、部品メーカーなどの場合は、顧客となる製造メーカーが欧州区域に出資津をすることもありますので、部品メーカーなどでは自社で欧州に輸出しなくてもREACH分析は必要となることが多いです。

REACH分析に関する疑問を解決!【Q&A形式】

REACH分析料金はどのくらいかかるのですか?

分析料金は、分析高奧や、特殊前処理の有無や加工費の有無などで異なってきます。一般的に物質単体での評価は、2万円前後が相場となっています。しかし、複数の物質でセットで調査することで調査料金を安くすることもできます。

サンプル量はどのくらい必要ですか?

分析項目によって異なりますが、通常は数グラムから数十グラムとなります。また、加療の送付された場合は、別途廃棄処理の必要が出ることがあり、余計なコストを発生させてしまうことがあるので、サンプル量は事前に問い合わせるのが得策です。

見積書にある前処理料金はなんですか?

特殊なサンプルにかかる前処理の料金となります。サンプルによっては、完全溶解を行ったり、凍結粉砕などの特殊な前処理費用がかかることがあります。他にも、通常の工具ではかってぃぐが困難な場合は、加工費がかかることもあります。

広告募集中