最新のREACH分析を行ない検査結果を生かした製品づくりを!

そもそも成分分析って何?その歴史を知ろう

成分分析とは、文字通り物質に含まれている成分は何であるのかを分析することです。特にREACH分析やROHS分析などでは、地球環境に影響を及ぼす物質や人体に悪影響を与える物質等を分析します。もともと成分分析は1900年あたりから行われ始めていましたが、ROHS指令を2006年7月に施行することが決定した、2003年7月からは、ROHS指令対象物の測定専用装置が開発されました。その後の2008年には、REACH規制の施行が決定しREACH規制対象の物質の検出器も多く使われるようになりました。

最新のREACH分析を行ない検査結果を生かした製品づくりを!

実験用品

成分分析によって生活にもたらされるメリット

成分分析によって、人々の生活にもたらされるメリットとしては、地球環境保全の観点と人への有害物による影響からの観点の2種類のメリットがあります。成分分析を製造業に指導することで、地中環境を破壊する物質を減らせば、空気が切れない地球環境を手に入れられ、地球温暖化防止にも役立ちます。人体への有害物質を減らせば、子どもも大人も安心して使用できる製品が流通することになります。

どのような物質が関わるのか

特に、REACH規制にて指定されている高懸念物質の代表例として、アントラセンがありますが、これは木材の保存剤として使用されていますが、発がん性があると疑われている物質となります。また、ジエチルヘキシルフタレートは、可塑剤として使用されていますが、この物資は人に肝臓障害をもたらすといわれています。

分析会社へ問い合わせてみよう

REACH規制に懸念物質として登録されている物質は、全部で174種類にも登ります。これらは物質ごとで使用する検査装置が異なり、自社で検査するのは大変なことです。また、REACH規制は数年に一度見直しが行われていて、常に懸念物質は増加の傾向になっています。最新情報に基づく分析をおこなってもらうためにも分析会社に問い合わせるのが得策です。

広告募集中