自社のイメージアップに貢献!REACH分析の副産物

利益を拡大するためにも欠かせないREACH分析

REACH分析を実施する場合と実施しない場合に会社へ与える影響を比較

売り上げも向上する!

多くの製造業では、REACH規制を満たした製品を作ろうとしています。そのような中、REACH規制に適合したデバイスを探しています。そのため、デバイスメーカーであればREACH分析をしておくと売り上げの向上につながります。

企業のイメージが上がる

REACH分析を行って、REACH規制にマッチした商品を開発していると、最も安全性にこだわり持つヨーロッパ諸国の規格を満たしていることになるため全世界的にも安全性が認められ企業のイメージアップにつながります。

REACH分析が利用される状況とは?ランキング形式で紹介

no.1

ヨーロッパにて製造をするため

最近では、流通コストを抑えるために、ヨーロッパで販売する製品をヨーロッパにて製造する企業も増えています。そのためには、REACH規制に対応する必要があります。

no.2

企業のブランドイメージ向上のため

現在は多くの製造業がREACH規制に対応をしてその結果を世界的にアピールしています。そのような中、REACH規制に対応していない企業はブランドイメージが下がってしまいます。

no.3

円滑な輸出入を行うため

REACH規制に対応していない製品は、ヨーロッパへの輸出が困難となります。また、他の国に関してもREACH規制の対応を一つの目安としている国も多いです。REACH規制に対応していると輸出入が円滑に行えるようになります。

no.4

売り上げ向上のため!

REACH規制の対象となるヨーロッパ諸国は、日本にとっては大きなマーケットです。そのため、ヨーロッパに輸出できないということは大きな損失になってしまいます。

no.5

ヨーロッパにて製造をするため

最近では、流通コストを抑えるために、ヨーロッパで販売する製品をヨーロッパにて製造する企業も増えています。そのためには、REACH規制に対応する必要があります。

自社のイメージアップに貢献!REACH分析の副産物

女の人

顧客からの依頼にて対応

多くの企業がREACH規制に対応している中で、デバイスメーカーにはREACH分析に対する問い合わせが多くなっている状況です。そのため、顧客からの依頼によりREACH分析を行うこともあります。

分析にかかる日数を押さえよう

一般的には、REACH分析にかかる日数としては、材料ごとの試料の提供であれば174種類調べてもらったとしても、おおよそ実働8日間くらいでの分析が可能です。ただし、成形品や完成品などの場合は、解体作業や粉砕作業が入るため、1ヶ月程度かかることがあります。

広告募集中