REACH分析を依頼する前に覚えておくべきポイント

REACH分析を依頼する前に覚えておくべきポイント

顕微鏡

どのような企業がREACH分析を利用するのか?

基本的にはREACH規制は欧州諸国にて製造したり、欧州諸国に輸出したりする時に影響を受ける規制です。そのため、欧州諸国にて製造や、欧州諸国への輸出を行う企業がREACH分析を利用します。しかし、安全への取り組みが高いヨーロッパ諸国の規制は、全世界の一つの目安となっていますので、ヨーロッパに限らずあらゆる国に輸出を行う企業が利用しています。

REACH分析以外にはどんな分析方法があるのか

REACH分析以外の分析方法としては、REACH分析に関連性の高い、ROHS分析や、環境負荷物質分析などがあります。また、ROHS分析に関しては2019年に新たに加わる有害物質のフタル酸エステルの分析があります。なお、アメリカにはOSHA規則に指定されている危険物質の分析があります。

REACH分析には費用が発生するのか

REACH分析には費用が発生します。通常は、1物質あたり3万円が相場となっていますが、多くの分析業者はセット価格を設けていて、多数の物質をまとめて調査するほど安く価格が設定されています。特に、SVHC174物質全て調べる場合にも、セット料金が適用となりその相場は約35万円となります。

事前に費用を見積もることがポイント!

REACH分析を依頼するにあたり、複数の検査機関に見積もりを取り比較することが大切です。特に、検査機関によってセット価格などが異なるので、自分の検査したい物質に特化したプランがマッチすれば安く分析が可能です。

様々な会社の分析を参考にしよう!

可能であれば、いくつかの検査機関に検査依頼をすると確かなデーターが得られます。REACH分析を行い懸念物質の含有量を調査した場合には、誤差によるバラツキがあります。REACH規制ではヨーローパの機関が抜き取り調査をしますので、どの会社に出した分析結果も規格を満たしている必要があります。

広告募集中