初心者にもわかりやすい!REACH分析の方法を解説

REACH分析依頼に役立つポイントを押さえよう

初心者にもわかりやすい!REACH分析の方法を解説

研究

REACH分析などで用いられるスクリーニング分析とは?

REACH分析におけるスクリーニング分析とは、蛍光X線分析装備を使用して分析を行います。この分析方法では、対象物質の混入の有無を検査することが可能ですが、その含有量までははっきりとは分かりませんので、対象物質が入っているかどうかの判断に使用される分析方法です。一般的にはファーストステップとしてスクリーニング分析を行い、その後定量分析を行います。

REACH分析を提供している機関とは?

一般的に有害物質の調査を行う機関で、REACH規制や、ROHS指令など様々な規制に関する情報も所有しています。蛍光X線分析装備やイオン付着質量分析など含有物質の調査やその量などを測定する機材も豊富にそろっています。最近では、ROHS指令に追加されたフタル酸エステル類を分析するための装置を導入する業者も増えています。

認証制度に注目しよう

世界各国には、製品に関する様々な認証制度があります。アメリカではFCC、ヨーロッパではCEマークなどの認証制度があります。これらは、製品の安全性を補償するための認証制度で、認証が取れると製品に認証マークを付けることが可能です。特にCEマークは、REACH規制やROHS指令と密接な関わりがあります。

自社に適した分析方法を用いることが大事!

REACH分析を依頼するにあたって、自分の会社で生産している製品の特質によって分析方法法を選ぶことが大切です。もし、REACH規制による高懸念物質の混入の可能性が無い場合は簡易検査の定性分析で十分です。定性分析を行って、高懸念物質が混入されていた場合のみ定量分析を行えば良いのです。

広告募集中